好きな人(彼氏、旦那、パートナー)と気持ちよく寝るためのベッドタイムエンターテイメント

menu

ベッドタイムを楽しむ秘訣

ベッドインでの色っぽい誘い方とは?思わず「求めたくなる」女性に♪

いい雰囲気なのになかなか行けない時

いい雰囲気なのにベッドインになかなか行けない。
もしかしたら誘惑がちょっと足りないのかも。

男性も誘って大丈夫な雰囲気がないと、なかなか勇気を出せないこともあります。
今回は相手が思わず「求めたくなる」ような、ベッドタイムに誘う仕草をまとめてみました。

 

思わず「求めたくなる」女性になる為に♪

 

1:ベッドインでの王道「上目遣い」

女性の潤んだ上目遣いは男性をとりこにする魔法の仕草。
昔から使われてきた王道の誘い方。
上目づかいは、どんな女性もかわいく見えてしまうもの。
言葉を使わずしても充分効き目がありますが、もし言葉を添えるなら「したいなぁ」と柔らかく、けど直接的にこちらからアピール。
なかなか誘わない草食系の彼に^^

 

2:首をかしげる仕草

昔から「首をかしげる」仕草は女性らしさを表現する際に使われる所作
日本舞踊や歌舞伎などを思い浮かべてみると、わかりやすいと思います。
伝統芸能のような所作をするわけではありませんが(笑)

要はちょっと「首をかしげる」行為が男性にとってドキッとする態度でもあります。
「やらないの?」というニュアンスでも良いですし、「どうしよっか?」という感じで、少し首をかしげるのも可愛く見える仕草です。

また普段でも、何か質問された時にちょっと悩む形で首をかしげるのもまた女性らしさを強調できます。

 

3:髪をほどく仕草

男性にとって髪をほどく仕草は「働く女性」から「自分のオンナ」に変わったという瞬間でもあり、そこに魅力を感じるそうです。
一緒に住んでいるなら、帰ってすぐ髪をほどくのではなく、少し落ち着いて彼の前で話しながら髪をほどくと、より色っぽく見えます。

 

4:太ももを触る

ベッドやソファで座りながらおしゃべり。
そこで、スッと彼の太ももに触れてみて下さい。
太ももは男性の夜のムードを最高に高める場所の1つ。

ここでさらにムードを高める時は「香り」を纏うと効果アップです。
イランイランやネロリ、ローズなど2人の夜を高揚させるアロマを使ってみたり、その成分が含まれている香水を使ってみたりするのも良いと思います。
この香水はイランイランが含まれローズのようなフローラルな香りが特徴です。


ベッド専用香水「リビドーロゼ」

名前負けしてないと私は思います^^
もう一押しで「香り」が加われば、アツい夜を迎える可能性も上がります。

 

5:唇が少し半開き

半開きの唇は最大のセクシーアピールと言われるほど効果大。
グラビア雑誌や女性誌などでも、その表情は見たことあると思います。

芸能人だと安室奈美恵さんが想像しやすいかと。
半開きの唇に潤んだ瞳で上目づかいなら、ほぼベッドインできると思います。

それでも誘ってこなかったら、相当疲れているか、何か深刻な悩みがあるのかも。
そんな時は「どうしたの?」と彼に優しく聞いてみて下さい。


パートナーとイチャイチャしてますか? 最近ご無沙汰という人におすすめ^^ 男性は匂いに敏感です。 お風呂上がりフェロモンの香りで、もっと急接近したいならこれ!

プロフィール