好きな人(彼氏、旦那、パートナー)と気持ちよく寝るためのベッドタイムエンターテイメント

menu

ベッドタイムを楽しむ秘訣

ベッドタイムで彼が夢中になる香り4選

香りでベッドタイムをよりムードアップ!

ベッドタイムで相手にニオイを喜ばれるってとても嬉しいことだと思います。

ベッドタイムもより盛り上がりますし、香りの効果は使っていったほうがより充実すると思います。
そこで今回は男性はベッドタイム中、どんなニオイで喜ぶのかまとめてみました。

 

普段からの愛用香水のニオイ

慣れ親しんでるニオイも、ベッドタイムではよりセクシーに感じるものかも。

筋や胸元からほんのり香ると効果的♪

香水の真価は、その人との体臭と混じって、オリジナルの香りになっていくものです。

香水を熟知している上級者は、自分のカラダの相性や雰囲気にあった香りをチョイスして、時間帯で香りが変化していくこともわかっています。
※ 香水には3段階の香りの変化(ノート)が楽しめるようになっています。

どのくらいの時間帯の香りが自分に合っているか、どの系統の香水が自分に合っているか、TPOで使い分けているか、適度な量かなど、総評して良い人は、ベッドタイムでも男性に好印象なのでしょうね^^

 

さりげない石けん系のニオイ

大体の男性は香水よりもシャンプーなどの石けん系の香りが好きです。
「お風呂上がりの香り」は清潔感があり女性をより色っぽくしてくれます。香水苦手男子には清潔感ある石けん系のさりげない香りが良さそう。

 

ローズ系のニオイ

バラの香りは男性を惹き付けます。
あのクレオパトラもバラを愛し、寝る前に毎日バラの香水風呂に入り、練り香水を体中に塗っていたと言われています。

その香りで、当時のローマの英雄たちを虜にしてきたのは有名な話。
最近では、クレオパトラはそんなに美人ではなかったという説も。
つまり、香りは色気を醸し出す1つの大きなアイテムとも言えます。

バラ系の香りは、香水だけではなくシャンプーやボディローションなども豊富にそろっているので使いやすいですね^^

 

甘いフルーツの香り

甘いフルーツの香りのボディクリームなど、男性を惹き付ける香りとして「甘いフルーツの香り」が選ばれています。
美味しそうなニオイが色気につながるのかも^^

上記の「甘いフルーツの香り」「石けん系のニオイ」「ローズ系のニオイ」の全て条件があう香水でオススメのものがあります。
その香水はこちらですね。


ベッド専用香水「リビドーロゼ」

ベッドタイム用のために作られた香水ですが、ベッドタイムと言っても普段も普通に使える香水です。

ただ彼とベッドタイムで戯れてる時に、より効果を発揮してくれると思います。

秘密はその成分。
イランイランなど80種類の成分を配合したそのコンセプトは「お風呂上がりの香りで相手の気持ちスイッチをONにする」というすごいコンセプト(笑)

それだけにイランイラン(夜のムードを高める花)やオスモフェリン(フェロモン物質)など、こだわってる感がすごいのも特徴です。

実際、すごく良いニオイですよ^^
あぁ、これは男性好きだなって思います。

 

まとめ

好きな人の香りをチェックしておくと、ベッドタイムでの最高のアイテムになるかもしれませんね^^

雰囲気を変えて違うところに、違う香りを纏ってみるのも、充実したベッドタイムをおくれる秘訣になりそうです。


パートナーとイチャイチャしてますか? 最近ご無沙汰という人におすすめ^^ 男性は匂いに敏感です。 お風呂上がりフェロモンの香りで、もっと急接近したいならこれ!

プロフィール