好きな人(彼氏、旦那、パートナー)と気持ちよく寝るためのベッドタイムエンターテイメント

menu

ベッドタイムを楽しむ秘訣

ベッドタイムで会話を楽しむコツ5つ

ベッドタイムを楽しむ会話をするには?

ベッドタイムを楽しむには会話も必要です。
行為のあとのピロートークや、枕を交わす前の楽しい会話も大事♪

今回は2人だけの最高のベッドタイムを過ごす為の会話を楽しむコツをまとめてみました^^

 

1:スマートフォン/携帯の電源はOFF

ベッドタイムには携帯電話は不要です。

仕事柄や特別な事情があり、どうしても必要な場合は仕方ないかもしれませんが、退屈しのぎに携帯の画面をのぞしてピコピコ。

それはもってのほか。
電源はできる限りきって、会話を楽しみましょう♪

たまには電源オフにしちゃおうよ♪と彼にお願いしてみるのも良いと思いますよ^^

 

2:テレビもOFF

テレビも同じく会話の邪魔です。
テレビの音もムードの邪魔になりますし、お互いの世界には入りません。

もし、話のネタにテレビを見たとしても、ただの娯楽になってしまって、ベッドタイムを楽しむ可能性も低くなります。

見るなら、ドラマや映画などムードの上がるものが良いと思います。

 

3:過去の恋愛話はなるべく避ける

お互いの恋愛観を語るのは友達同士まで。
ベッドタイムではルール違反です。

お互いの過去の恋愛話をしても、それは嫉妬を抱くだけでなんのメリットもありません。

またベッドでのテクニックのダメだしもNG。

あたりまえですが、関係が深まるほど自分をもっと知ってもらいたい、相手にこうされたいという欲望がでます。

その要望が悪いのではなく、相手を否定する言い方にあります。

「相手にこうしてもらいたい」ということを伝えるときは、「こうされるともっと気持ちいいかも♪」など、柔らかく優しく伝えてあげることが大事です。

本当に好きになった女性にはとことん気持ち良くなってもらいたいと思うのが男性の性。

経験不足、テクニック不足と感じたなら、あなたからリードしてあげる言い方を心がければ、彼はもっとあなたを気持ち良くさせるように頑張ると思いますよ^^

 

4:イチャイチャ問いかけで盛り上がる

彼の好きなところ、自分の好きなところをお互い言い合いっこして遊ぶゲームをするのも盛り上がりますよ^^
「お互いの好きなところ5つ」など問いかけをして遊ぶとより戯れます。
これは経験済み(笑)

バカップルっぽく見えますが、ベッドタイムは周りを気にすることもありません。

お互い盛り上がればそれでOK♪
より楽しいひとときを過ごせます。

 

5:ハグしすぎない

行為の後、多くの男性は疲労と眠気に襲われ、ぐったりします。
そんな時はピロートークやうで枕は避けてそっとしてきましょう。

もし大丈夫そうなら、上目遣いでハグしたりして、その後のベッドタイムを楽しみましょう^^


パートナーとイチャイチャしてますか? 最近ご無沙汰という人におすすめ^^ 男性は匂いに敏感です。 お風呂上がりフェロモンの香りで、もっと急接近したいならこれ!

プロフィール