好きな人(彼氏、旦那、パートナー)と気持ちよく寝るためのベッドタイムエンターテイメント

menu

ベッドタイムを楽しむ秘訣

長時間の腕枕は危険って知ってた?痛いのはカラダの警告サイン

 

以前、「腕まくらが好きな女性は意外に少ない」ことについて書きましたが、その時に触れた「サタデーナイト・パルシー」についてもう少し詳しく、その症状について触れていきたいと思います。
理由は、身近にあって起こしやすい危険な症状だからです。
まずは「サタデーナイト・パルシー」のおさらいから!

サタデーナイト・パルシーとは?
別名「ハネムーン症候群」。
腕まくらを長時間すると、腕がしびれてくる状態です。
土曜日の夜に起こりやすい症状で、おそらく女性と関係を持つ男性が多い曜日とのことから名付けられました。
ヒドいときは、朝起きたら腕の感覚がない。。という状態です。

 

ひとりで寝ている時も要注意!

相手がいないと言っても油断できません。
ひとりの時も,寝姿勢で起こりうる症状です。
わかりやすい例だと、お酒を飲んだ次の日にカラダがおかしいといったときです。
おそらく変な姿勢で寝たのかもしれません。
あの症状もサタデーナイト・パルシー(神経麻痺)です。
筋肉に自信のある方も安心できません。
筋肉が麻痺しているのではなく、神経が麻痺しているので、放っておくと軽症では済まなくなる恐れがあります。

 

その具体的な症状は?

普通は2〜3時間で治まりますが、それ以上にかかる場合があります。
グーが握れなくなったり、パーに開けなくなるなど、ちょっとしたものでも持ち上げられなくなります。
指にも力が入らなくなり、ペンをもつのも困難に。
親指と人差し指の付け根のⅤの字になった部分がしびれているそうです。
水かき部分ですね。

 

2〜3日続く場合は病院へ

症状が続く場合は整形外科へ行き受診しましょう。
神経を損傷している場合は、放っておくと麻痺が完全に治らなくなります。
通常は1~3か月ほどで改善するそうです。(意外に重傷なんです)
身近に起こる症状ですが、軽視しないほうが良さそうです。

 

まとめ

身近に起こりえる症状だけに油断しがちかもしれません。
彼の優しさに甘え、腕まくらを長時間することは彼自身のカラダを傷つけているのかも。
大げさかもしれませんが、彼の腕の負担も考えつつ、甘えるところは甘えて彼のカラダとも良い関係を保っていった方が、より良い恋愛ができそうかなと私は思います^^

腕まくらが好き好きでたまらない!長時間したい!という方がいましたら、こんな枕も↓
彼氏の腕枕 ピンク Lサイズ  ※愛する人に包まれているかのような安心感!あなたを快眠へと誘います!
私はちょっと怖く感じますが^^;


パートナーとイチャイチャしてますか? 最近ご無沙汰という人におすすめ^^ 男性は匂いに敏感です。 お風呂上がりフェロモンの香りで、もっと急接近したいならこれ!

プロフィール