好きな人(彼氏、旦那、パートナー)と気持ちよく寝るためのベッドタイムエンターテイメント

menu

ベッドタイムを楽しむ秘訣

BARで夜エッチな気分にさせる方法

BARやラウンジで雰囲気が盛り上がる理由

デートでも使うBARやラウンジって雰囲気でますよね。

夜のムードもぐっと上がります。

それには、1つ1つ理由があります。 これを理解すれば部屋デートでも気分がグッと上がると思うのでまとめてみました^^

 

1:赤や紫の照明

BARやラウンジに入ると、赤や紫の照明でボトルや小物などのインテリアを照らすことがあります。

「赤色」は、交感神経を刺激する色なので性欲を高めると言われています。
「紫色」は脳科学の観点から女性を性的に興奮させやすい色とも言われています。

雰囲気を出す為の照明には、そのような色彩感覚も重要なポイントのようです。 確かに赤ランプとか部屋に照らすとなんだかすごくやらしい感じになります(笑)

でも、彼と遊びながらもちょっとずつムードを演出することも。 スタンドのランプでも簡単にできますので、やったことない人は試してみるのも良いと思いますよ^^安いし♪

 

2:チョコレート

おつまみやお通しでよくでてくる「チョコレート」。

チョコレートは女性を口説きやすくなる効果があると「ほんまでっかTV 」の澤口先生が説いてましたが、理由はチョコに含まれるGABA(ギャバ)という成分。

GABA(ギャバ)とは?
GABAは、大脳を抑制して、飲酒状態に近くなる。扁桃体を含めた欲望の中枢が活性化する。つまり陶酔感に似た雰囲気になる

また、その原料には「ガラナ」が含まれてるものもあります。

ガラナは古くから滋養強壮として愛用されてきた食べ物。 気分を盛り上げてくれる甘いスウィーツなので、彼とチョコで遊んでみるのも良いかもですね、チョコチューとか。

 

3:ナッツ類

こちらも定番のおつまみ「ナッツ」。 ナッツには「亜鉛」が含まれています。

亜鉛は「セックスミネラル」と言われるほど精力アップに効果的な栄養素でもあります。

ナッツ類の他にも牡蠣・赤みの牛肉・豚レバーなど、亜鉛を多く含む食べ物がたくさんあります。

オイスターバーなんてやっぱり最高のシチュエーションですね^^

【亜鉛を多く含む食べ物】

牡蠣(カキ)、うなぎ、牛肉(もも肉)、チーズ、レバー(豚・鶏)、卵黄、大豆、納豆、きな粉、豆腐、そば、ゴマ、緑茶、抹茶、カシューナッツ、アーモンド、黒米、赤米

これで料理を作ってみるのも楽しそうですね^^

 

4:香り

香りは恋愛や性愛に大きく関係しています。

特にベッドイン前のシャワーを浴びたシャンプーや石鹸の香りに男性はとても弱いので効果的。

BARの作りとして、極力「匂い」を出さないのが一般的だそうです。
つまり、相手の「匂い」が香りやすくなっている状態とも言えます。

なので石けん系の香水などで男性を誘うにはもってこいの場所。
オススメはこの香水♪


ベッド専用香水「リビドーロゼ」

お風呂上がりの香りを徹底的に研究して作られた香水。

オスモフェリン(フェロモン候補物質)やイランイランなども含まれている香水なので、夜の誘いにはピッタリの香水です。

部屋でも使えますしね^^

 

5:梅割り

梅割りソーダ、梅酒など、梅が含まれているお酒には疲労を回復し、元気にさせてくれます。
梅は古くから滋養強壮が良い食品として重宝されています。

仕事で疲れている彼にオススメしてみるのも良いかも。

さっぱりしてるし、夜も元気になってBARのあとのお誘い♪
部屋デートでも簡単に作れるのでおすすめです。


パートナーとイチャイチャしてますか? 最近ご無沙汰という人におすすめ^^ 男性は匂いに敏感です。 お風呂上がりフェロモンの香りで、もっと急接近したいならこれ!

プロフィール