好きな人(彼氏、旦那、パートナー)と気持ちよく寝るためのベッドタイムエンターテイメント

menu

ベッドタイムを楽しむ秘訣

女子力高い人の香水の付け方

女子力高い人のフワッとした香りの付け方

座った時など、ふとした瞬間にフワッと香りがする女性って素敵ですよね^^

そもそも香水ってつけてる自分も楽しめて気持ちを幸せにsるものだし、相手への記憶にも残りやすい大切なアピールポイント。

今回はそんな女子力高めの人が意識している香水の知識と付け方についてまとめてみました^^

 

香水の付け方「点」と「線」と「面」

香水には濃度に付け方が変わってきます。

濃度が1番高いパルファムはちょんと「点」でつける。
オードパルファム・オードトワレは細く伸ばすように「線」でつける。あくまでイメージです。
オーデコロンはある程度の部位にまとまってつけるように「面」。

 

香水の香りの変化を楽しむ

香水には「トップ」「ミドル」「ラスト」と3段階のノート(香調)に分かれています。
時間が経つと香りが柔らかくなったりしますよね。
あれは香りのノートが変化しているからです。

香水大好き女子は、これらの香りの変化や香料に何が入っているのかで香水を選ぶ基準にしていたりします。

 

香水の付け位置は?

女子力の高い人がしている香水をつける位置は、体温が高いところ。
体温が高いところはより香りの効果を発揮します。

多分、香水を買って1番最初につける場所は「手首」だと思います。
「手首」も体温が高い場所なので香りをチェックするところではベストな場所。

他にはこんなところもおすすめです。

 

【うなじ】

できるだけ後頭部に。
首のサイドにつけるときは、鼻より少し遠いところに。

【足首】
くるぶしの後ろ辺りがポイント。足を組みかえる時にフワッと香るとセクシーです。

【胸】
胸は体温の高いところでもあるので、量は少なくて大丈夫です。(むしろ少なめのほうがしつこくなくフワッと香ります)

【腰】

腰回りは相手に香りを長くふりまくのにいいポイント。香りが弱く感じてきたら、他の箇所とのバランスをとると効果的。

 

【もも、ひざ】

ひざとももは外側から後ろ側へつけると歩くと後ろへ香ります。
体温が低い場所なので、香り立ちは弱いですが、香りは下から上へ立ち上がるため、全身に包まれるように香ります。

 

ダメな部位は?

髪の毛、足の裏、脇などにはつけない方が良いです。特に髪にはNG。香水にはアルコールが含まれているので、髪が痛んでしまう恐れがあります。
ヘアフレグランスを使用してみると良いと思います。

 

香水を使い分ける



ベッド専用香水「リビドーロゼ」

香りの成分にオスモフェリンというフェロモンに似た香りのものが含まれている香水。

プラス、イランイランもこの香水には含まれています。
※ イランイラン…アロマなどでも使われる夜のムードを上げる香料

女子力高めの女のコは、状況やタイミングを見て香水を使い分けています。

例えば上記の香水はナイト用、出勤前の朝は爽やかな柑橘系のフレグランスなど。
※リビドーは普段でも問題なく使えますよ^^

 

香水の小悪魔テクニック

「香水を爪をつける」という小悪魔テクニックもあります。
直接つけるのではなく、香水を含ませたコットンに、爪の裏側を軽く拭くように馴染ませる方法です。

こうすると,手をつなげば、デートが終わってもあなたの残り香が彼の手に残り、その日の出来事を思い返すというテクニック。

 

まとめ

いかがでしたか?

香水の付け方にも色々あり奥が深いですね^^


パートナーとイチャイチャしてますか? 最近ご無沙汰という人におすすめ^^ 男性は匂いに敏感です。 お風呂上がりフェロモンの香りで、もっと急接近したいならこれ!

プロフィール