好きな人(彼氏、旦那、パートナー)と気持ちよく寝るためのベッドタイムエンターテイメント

menu

ベッドタイムを楽しむ秘訣

彼をその気にさせる3つのステップで夜のベッド生活を楽しもう♪

ベッドルームで彼をその気にさせるには、まず雰囲気作りが大切です。
けど「雰囲気作り」って何?良い感じにするのはわかるけど…と言う人の為に!

今回は、相手を上手にその気にさせる方法を3つのステップでまとめてみました。

 

ベッドで彼をその気にさせる方法

 

ステップ1:淫らな妄想をさせる

普段言わない猥談(えっちな話)をしてみたり、セクシーな下着姿で髪を乾かしたりなど。
香水やシャンプーで、お風呂上がりの香りを纏わせるのも良さそうです。

ベッド専用香水「リビドーロゼ」
相手にえっちな想像をさせると、相手も興奮して、より感じやすくなります。
五感で相手を“女”だと感じさせましょう。

 

ステップ2:寝室では積極的にスキンシップ

待つのではなく、ためらわず身体に触れてみましょう。
スキンシップは相手の体内でオキシトシンという愛情ホルモンが分泌され、心地よい幸福感が満たされる仕組みになっています。
これはお互いオキシトシンがでます。

マッサージなどで軽く優しいタッチからでも、ぐーっと彼はソノ気になります。

 

ステップ3:じらしてみる

彼の気持ちが高まってきたのがわかったら、急ぐ彼をじらしてみる。
じらしが上手い人は、この緩急のタイミングが上手いです。

 

まとめ

ステップにしてみると、「なんだこんなことか」と思いますが、なかなかできなかったりするものです。
特に「じらす」ことって、相手の気持ちが高まってるのをわかってないとできないですし、結構高度なテクニックです。

付き合いの長い短いよりも、相手を深く理解するほうが、このテクニックは使いやすいと思います。


パートナーとイチャイチャしてますか? 最近ご無沙汰という人におすすめ^^ 男性は匂いに敏感です。 お風呂上がりフェロモンの香りで、もっと急接近したいならこれ!

プロフィール