好きな人(彼氏、旦那、パートナー)と気持ちよく寝るためのベッドタイムエンターテイメント

menu

ベッドタイムを楽しむ秘訣

相手を見つめることで好きになる心理とは?

 

恋愛と視線の関係

相手を意識すると、自然と見つめてしまうことってあると思いますが、よく考えると不思議ですよね。
逆に相手に見つめられてドキっとしたことはありませんか?

よく目が合う異性だと「この人、意識してるのかな?」と思ってしまうことも。。
もちろん、勘違いなんてこともままありますが(笑)

視線は恋愛において、大きな影響力を持っています。

海外の研究でも、見ず知らずの初めて会う人でも、目と目を見つめ合うことによって、好意と愛情が速まるという結果もでています。
※ 1989年クラーク大学の心理学者レアードにより発表されています。

 

なぜ好きな人は見つめてしまう?

人は好きになると、心の中で「この人と仲良くなりたい」という感情が生まれます。
心理学的に言えば「親和欲求」ですね。
カップル、夫婦同士になれば、お互いに目を見る頻度、時間は長くなります。

円満な関係を続けられるカップルは、そうでないカップルに比べて「視線の親密度」が違うそうです。

目を見つめ合うのは1つの愛情表現なのですね。

 

3秒間見つめ合う

相手の「目」を3秒間見つめる。
このインターバルは長くもあり、短くもあり。

異性の友達に試しにやってみると、不思議な現象が起きるかも。
相手の気持ちを推し量る材料として,恋愛テクニックで使われたりするのが「3秒ルール」。

気になる異性なら試してみるのも良いかもしれませんね。
ただ、この技結構ドキドキします。
私も試したことありますが、ちょっと意識しあう関係になったので、相手を選ぶことが大切です^^;(すぐ関係は戻りましたけど)

普通の会話で人との「視線」があうのは30〜60 %ぐらいだそうです。
この時に60 %以上目と目が合えば、その人はあなたに好意をもっている可能性が高い!とも言われています。

 

※ 気をつけること

目と目が頻繁にあったとしても、そのときの状況で、「恋愛」とは関係ないものがあります。

【恋愛で関係ない視線の勘違い】

・職場でフィードバックを求める時
・ アイコンタクトで連絡をとりたい時
・ 「敵対」を示す時
・知り合い?と「確認」したい時

 

まとめ

ベッドタイムなら、より効果的に「見つめる」効果は発揮すると思います。
良きタイミングで相手の目を見てドキッとさせちゃいましょう♪


パートナーとイチャイチャしてますか? 最近ご無沙汰という人におすすめ^^ 男性は匂いに敏感です。 お風呂上がりフェロモンの香りで、もっと急接近したいならこれ!

プロフィール