好きな人(彼氏、旦那、パートナー)と気持ちよく寝るためのベッドタイムエンターテイメント

menu

ベッドタイムを楽しむ秘訣

夜型と朝型どっちが好き?メリットとデメリット

あなたは夜更かしさんですか?
それとも早起きするタイプ?

今回は夜型と朝型の人のそれぞれの特徴と、睡眠パターンのメリット/デメリットをまとめてみました。

 

“フクロウとヒバリ” あなたはどっち?

生活リズムを表すのに“フクロウとヒバリ”という言葉があります。
これは
フクロウ=夜更かしさん
ヒバリ=早起きさん

を意味する比喩として使われますがあなたはどっちですか?

 

夜型のタイプ:フクロウさん

夜型タイプの人には夜更かしをしやすくなる傾向になります。
そうすると、寝不足がちになり、性欲や食欲のバランスを摂りづらくなる傾向にもなるので注意です。

夜更かしさんには、このような特徴があります。

・ 食べる量が増えてくる
・ 性的関係を持つ相手が増えてくる
・ 駆け引きがじょうずで、遊びの恋もうまい傾向に
・ 痛みを感じやすくなる

食欲や性欲が増すのは、睡眠不足も原因の1つになりますが、他には痛みへの抵抗力の低下もあります。

これはデメリットですね^^;
メリットとしては、夜型タイプの人間には知能が高い人が多いのだそうです。

これは南オーストラリア大学で研究をするシオブハン・バンク博士による研究成果です。
なので、高所得の仕事につきやすいというメリットもあったり、遊びの恋もうまいなどといったものもあります。

ただズル賢い一面もでやすく、人を平気で利用するような“ダーク”な部分もでてくるので注意が必要なのだとか。

 

朝型のタイプ:ヒバリさん

朝方タイプの人には、自分をきちんとコントロールするタイプが多いそうです。
たしかに早寝早起きできる人は、規則正しい生活ができるわけなので、自分で生活リズムをコントロールできる人ですね。
勤勉で、将来のことも真面目に考えている人でしょう。

また朝型の人は幸福度を高く感じ、何事も前向きに捉える傾向にあるそうです。
ちなみにヒバリはスズメの一種。
朝を象徴する鳥です。
英語では“ヒバリのようにハッピーだ”という表現から、朝型の人はヒバリと例えるのだそうです。

ベッドを出る瞬間にイヤイヤよりも、気持ちよく目覚めた方が良いですもんね^^
これはメリットですね。

デメリットは真面目になりすぎること。
早起きは良いこと!それ以外は不健康!と先入観にはいってしまいがちになること。
バンク博士によると、朝型でも夜型でもきちんと寝る時間を決めて続けることが大事だといいます。

 

ベッドに入ってすぐ眠るコツ

身体をリラックスさせるのが大切ですね^^
このような方法とかはオススメ。

・寝る前にお風呂やシャワーえリラックス
・アロマキャンドルや香水などで香りに癒される
・リンパマッサージなどで身体のケア

例えば女性なら、寝る前に耳の裏にほんの少し香りをつけることで、リラックスします。

さらにローズなどのフローラル系の香りだと、「自分はオンナなんだ」と自覚し、女性であることに喜びを感じ女子力アップにもつながるのだそうです。

クレオパトラも美の秘訣としてローズ(薔薇)を愛用していましたね。

ローズ(薔薇)には女性ホルモンを活性化させる働きもあるので、たまにはローズの香りで癒されながら寝るのもよいかもしれませんね^^

この香りもオススメですよ♩


ベッド専用香水「リビドーロゼ」
ローズ系のフローラルな香りとベリー系のフルーティーな香り。
成分ではイランイランという花油が入ってます。

イランイランは南国に咲く植物で、女性ホルモンのバランスを整えてくれる作用もあります。
アロマオイルでも、リラックス時に使われる人気の香りです。
香りの特徴としてはエキゾチックでフローラルな香りです。

 

まとめ

夜更かしでも早起きでも慢性的な寝不足は避けたいところ。
そうならないためにも、スタイルに合わせた睡眠パターンを把握し、すぐ寝れるような工夫を心がけるのが大切のようです。


パートナーとイチャイチャしてますか? 最近ご無沙汰という人におすすめ^^ 男性は匂いに敏感です。 お風呂上がりフェロモンの香りで、もっと急接近したいならこれ!

プロフィール