好きな人(彼氏、旦那、パートナー)と気持ちよく寝るためのベッドタイムエンターテイメント

menu

ベッドタイムを楽しむ秘訣

誰にも聞けない夜の悩み解決!ベッドタイム事情のアドバイスまとめ

ベッドタイム事情、ナイトライフ事情など、誰にも聞けない悩みってあると思います。

ここでは女性によくある夜事情の悩みを解決策を添えてまとめてみました。

 

女性によくあるベッドタイム事情の悩み

 

Q:自分のカラダに自信がない

出産や年を重ねることで女性のカラダは変化していきます。

「もう私のカラダに(相手が)魅力を感じていないんじゃ…」と、ベッドタイムを楽しく感じなくなってしまう、支障をきたしてしまうカップルもいるようです。

この悩みって誰でも経験するものだと思います。

 

A:パートナーとあえて“裸で寝てみる“

裸でふれあうことで相手から、愛してくれていること、受け入れてくれていることを感じ、思いださせてくれます。

パジャマや部屋着とは触れ合う感覚が違い、心のつながりや親密さを感じることができます。

“触れる“”触る“という行為は自分の自信にもつながるし、安心感ももたらしてくれます。

性的な満足を得る意味ではなく、愛情を確認することで、カラダよりも大事なことに気づきます。

 

Q:相手にもっと積極的になってもらいたい!

時代の背景もありますが、増え続ける草食男子。
そんな彼なので、なかなか誘ってくれない。
たまには刺激的な夜を過ごしたい。
この悩みも多いと思います。

 

A:自分がまず官能的になる

相手に刺激や興奮を求めても、まず自分から仕掛けないとなかなか男性は気持ちが高まりません。

自分がまず官能的な雰囲気になり、相手をその雰囲気にさせる。
色気や魅力を感じさせましょう。

といってもなかなか難しいですよね(笑)
まずはやれることからしてみるのが良いと思います。

例えば下着。
おへそが隠れるような“おばあちゃんパンツ”なんてはかない。
大丈夫ですか?(笑)

履き心地のいい下着を日々の日課にする。
セクシーな下着に慣れておく。

演出には香り。
夜のムードを高めるアロマや香水を漂わせたり。

ちなみに夜のムードを高める香りで有名なのはこちら。

イランイラン
・ ネロリ
・ ローズ
・ クラリセージ
・ サンダルウッド
・ ジャスミン
・ ジュニパーベリー
・ パチュリ

私のオススメはイランイランが配合されてるこの香水↓

ベッド専用香水「リビドーロゼ」
さらにオスモフェリン(フェロモンに似た物質)なので、夜のムードには良い感じの香りです。
ベリー系のフルーティーフローラルな香水です。

自分のことをセクシーな女性と思うことができれば、ベッドタイムでも自然に大胆なこともできたりします。

 

Q:愛を深める時間だけど、膣が痛む

もし疾患なら“膣痙攣”と呼ばれる症状です。
でも、なかには体に何も異常がないのに痛みを感じる人もいるようです。
この場合、心の状態が深く関わっていることが多いそうです。

 

A:彼と一緒にマッサージしてみる

心の状態が良くないのは、過去にネガティブな体験があったり、過度の緊張状態が原因でカラダが拒絶反応を起こしている可能性もあります。

そんなときは、彼と一緒にマッサージしてみると良いです。
無理せず、彼に打ち明けてみること。

大体の男性は受け入れてくれます。

それで、横柄な態度をとったら、その程度の男とわりきっちゃいましょう。

彼とのマッサージをする時は“sacred spot massage(セイクリッド・スポット・マッサージ)という方法が良さそうです。

指やバイブレーターでGスポットをゆっくり刺激する方法です。
痛みを感じたらやめ、痛みが治まったらゆっくり繰り返し。

最初は何度も休憩が必要かもしれませんが、時間をかけるごとにカラダが受け入れてくれると思います。

リラックスできる方法がわかれば、次第にベッドタイムも楽しめるようになると思います^^


パートナーとイチャイチャしてますか? 最近ご無沙汰という人におすすめ^^ 男性は匂いに敏感です。 お風呂上がりフェロモンの香りで、もっと急接近したいならこれ!

プロフィール