好きな人(彼氏、旦那、パートナー)と気持ちよく寝るためのベッドタイムエンターテイメント

menu

ベッドタイムを楽しむ秘訣

彼をベッドに誘う時ってみんなどうしてる?夜のおねだりテク

彼をベッドに誘う時どうしてる?

夜恋人と過ごすとき「エッチしたいけれど、自分から誘うのはちょっと…」と思うことも少なくないと思います。
特に女性から誘いとなるとどうおねだりしていいのかと悩む女性もいると思います。

今回は女性からアプローチするベッドへ誘うおねだりテクをまとめてみました。

 

彼をベッドに誘う方法

 

1:ベッドでゴロゴロから始まり

ベッドで誘うには、まずムード作りが必要です。
簡単に誘う方法としては、部屋での過ごし方。

まずはリラックスしてベッドでゴロゴロ過ごしてみて下さい。
その気を見せない無防備感は「自然体な色気」を感じさせます。

例えば、お風呂上がりに髪を乾かしながらベッドでくつろいでいたりすると、言動は自然体でも、見た目はセクシーなギャップが生まれ、良い演出に。

お風呂上がりでなくても、ベッドでゴロゴロだけでも良いと思います。
そんな時は香水を纏っておくのもアリ!

ベッド専用香水「リビドーロゼ」
この香水などは「お風呂上がりの香り」に特化した香りの配合になっているので、よりセクシーに男性は感じると思います。
フェロモン入り(オスモフェリン)ですし(笑)

 

2:目線がカギを握る

一緒にベッドでゴロゴロしていたら、寝ながら近寄っていくのも良いと思います。
そこで、上目遣いで「したいなぁ」と言ってみるのも良いと思います。

「しようよ」とお姉さんっぽく誘うのも色っぽくて良いと思いますが、おねだり感をだすなら「したいなぁ」のほうが柔らかく感じます。
お好きな方で♪

 

3:恥じらいは持って

サバサバしながらベッドインしては盛り上がるものも盛り上がりません。
少し恥ずかしがっている感じの方が女子っぽく思われます。
可愛い女子を演じる!のも1つの方法。
男子にとって「女子の恥ずかしさ」は好物だということは覚えておくとモテると思います。
ただブリッ子とは違うので、変にキャラを作るのは避けましょう^^;

 

4:言葉で言うのが恥ずかしい時

言葉が恥ずかしい時は動作でおねだり。
その1つがボディタッチ。

 

【前から抱きつく】

おかえりで抱きついたり。
「定番で飽きられない?」と思うかもしれませんが、男性には好感度高めなハグの1つ。

飽きられないためには、ここぞというときに仕掛けてみましょう。
“前からのハグ”はHしたいサインと刷り込むことができれば、ラブタイムのきっかけも作りやすいです。

 

【後ろからハグ】

後ろからのハグは大人女子というよりも、年下女子感がある感じ。
力をこめながらも丁寧に抱き締めるのがポイント。

 

【自分の肌を触らせる】

肌と肌が触れたときが、1番ムードが高まるとき。
言葉で言えないなら、彼の手を握ったり、身体に触ったり、ボディタッチ。

1番スムーズなのはマッサージ。

タクティールケアってご存知ですか?
ゆっくり優しく触ることで相手をリラックスさせるマッサージです。

カップルの場合、タクティールされた相手は安心感が増し、そのまま良い感じの雰囲気になります。

他にもマッサージテクは色々あるので、こちらも参照するとあなたにぴったりな方法があるかも♪

test2-massage

▼ 恋人とのマッサージテク

 

まとめ

ベッドに誘う時のコツとしては、“2人の特別感”を相手に感じてもらうことと、「一緒に」という言葉大事です。

ちょっとしたおねだりテクニックで、いつもと違うベッドタイムを楽しんでみるのはいかがですか?

今日も楽しいベッドタイムを♪


パートナーとイチャイチャしてますか? 最近ご無沙汰という人におすすめ^^ 男性は匂いに敏感です。 お風呂上がりフェロモンの香りで、もっと急接近したいならこれ!

プロフィール