好きな人(彼氏、旦那、パートナー)と気持ちよく寝るためのベッドタイムエンターテイメント

menu

ベッドタイムを楽しむ秘訣

キスしたくなる衝動を脳科学的に分析してみた

ベッドタイムでもキスは重要なコミュニケーション。

楽しく過ごせる夜になるのか、あまり気乗りしない夜になるのか、それはキスの仕方でも左右したりします。

今回は男女のキスの違いを脳科学的に分析してみました。

 

男性にとってのキスはマーキングと似てる?

男性にとってのキスは「接触の第一歩」という位置づけで考えられています。
つまり女性を「抱く為のステップ」ということ。

こんなことを言うと、ロマンチックのかけらもないように聞こえますが、男女のキスの違いでこれは注目すべき本能。

なせ男性は「抱く為のステップ」としてキスをするのか?
男性にとってのキスは愛情表現するより性への刺激がメインになっているからです。
本能的にです。

男性はキスをする際に、唾液成分に男性ホルモン「テストステロン」を女性に与えます。
これは女性に抱かれたい衝動を掻き立てるため。
「とろけるようなキス」ってよく聞きますが、これはその男性の「テストステロン」の影響も大きいと考えられているほど。

つまり、男性は女性にキスした段階で「自分のもの=マーキング」に近い本能があると脳科学的に言われています。

 

女性にとってのキスは安心できる愛を欲する?

一方女性の場合、キスは相手の男性が自分に相応しい存在なのかを判断しています。

キスの仕方で「この人は将来的に大丈夫なのか?」「私を大事にしてくれるのか?」「子供は守ってくれるのか」など相手の将来性を見極めようとします。
見極めようとするために、求めるのが「精神的な愛」。

優しく大きく包み込むようなキス。
これからも守ってくれそうな頼れれる愛。

女性にとってのキスは「精神的な愛=相手との相性」を判断しています。
女性が受け身のキスなのはそういう意味もあるようです。

 

男女の望みを叶えるキス

男女のキスへの価値観の違いは、昔からの本能的な営みが大きく関係しているからです。

この本能的な部分をおさえれば、お互いより上手なキスで夜のベッドタイムも充実したものになるかもしれません。

おさえておきたいのは、

男性のキスは「抱く為の準備」
女性のキスは「将来性への安心感」

男性なら、相手を安心させるような愛のあるキスに重点をおく。
間違っても最初からディープキスのような濃厚なキスを求めるのでなく、優しくソフトに相手が安心を与えるような愛情キス。

女性なら、男性の本能を理解した上でリードするようなスマートなキス。
相手に身を任せるのではなく、こういうキスがしたいと相手に求めるのもアリだと思います。

 

大事なリップケア

上記のことを理解していても、キスをする唇がカサカサだったりしてたら雰囲気が少し落ちますよね^^;
男女一とも唇のケアは大切です。

女性は特に唇のケアは徹底してると思います。

「でも乾きやすいんだよね」
「グロスはベタベタで苦手」

そんな人にはこちらがおすすめ!

キス専用美容液「NureNure」

LCさんのリップケア商品ですが、「キスしたくなる唇」をとことん研究した唇の美容液。

開発段階でLCさんはこのようなところに注目していました。

・ 唇の印象…潤いがあるほうが色っぽいですよね。
・ 唇の感触…キスする瞬間の衝撃、唇にもその人の個性があります
・ 唇の香り…キスした時に香る印象は大きいです
・ 気持ち…上手いキスは相手を思いやる気持ちの有無が大きいです
・ テクニック…息づかいやささやきはその人の愛情表現
・ ムード…ムードの有無で女性の安心感は大きく左右されます

この条件を「キスしたくなる唇」として作られたのが、キス専用美容液です。

夜のムードにも最適だと思います。
充実したベッドタイムに頼もしいバックアップになると思いますよ^^


パートナーとイチャイチャしてますか? 最近ご無沙汰という人におすすめ^^ 男性は匂いに敏感です。 お風呂上がりフェロモンの香りで、もっと急接近したいならこれ!

プロフィール