好きな人(彼氏、旦那、パートナー)と気持ちよく寝るためのベッドタイムエンターテイメント

menu

ベッドタイムを楽しむ秘訣

一夜限りの関係で心得ておくこと

One night stand

恋愛のスタートって色んな形があります。
カラダの関係を持った後に付き合うこともあります。

海外では「抱いてか、抱かれてから付き合う」関係も当たり前ですし、日本でも一夜限りの関係から発展して、付き合うカップルも増えています。

カラダだけの関係と割り切るなら、ベッドタイムを楽しめばいいのですが、一度そういう関係になれば、簡単に割り切れなくなることもあると思います。

そこで、今回はそのような関係になった時、またはなりそうな時に心得ておきたい男女の関係をまとめてみました。

 

相手に対する特別な思いは止められない

一度、カラダの関係があった男女には“特別な感情”が沸き上がるのは自然なこと。

時に女性なら尚更。

抱かれている時に「この人のこと好きかも…」と沸々とこみ上げる感情。
これは恋愛ホルモン「オキシトシン」が“好き”という感情を芽生えやすくしているからです。

オキシトシン
…愛情ホルモンとも言われています。このホルモンが分泌することにより、信頼や愛情の気持ちが強くなる作用があります。

「この人とはカラダだけの関係」と頭では割り切っていても、身体の生理的メカニズムが働いていて、その感情は止められないことを理解しておくのが大事です。

 

すごい気持ちよい夜になる可能性は低い

初めての相手と枕を交わすわけなので、緊張やら、相手との呼吸、リズムやらで、そうそう上手くいくものではありません。

「一夜限りの関係で忘れられない夜」のようなドラマチックな展開はほとんどないと思っておいた方が良いと思います。

 

彼女になることは期待しない

一度一夜を共にしたと言うことで、恋に発展するきっかけになるかもと思いがちですが、現実はそうでもありません。
男性は女性に比べて割り切る人が多いと思います。
「抱けてラッキー」程度に思ってる男性も多いかもしれません。

男性はロマンティックな恋心を抱きにくいと考えたほうが良さそうです。

ただ、男性は抱いた後、朝起きてからの彼女の行動で恋に落ちる人もいるようです。

こんな話を聞いたことがあります。

彼の部屋で一夜を共にした男女。
彼が目覚めた後、彼女はすでに部屋にいなかった。
彼は仕事に行く準備をしようと起きた。

すると、彼の脱ぎ捨てたはずの服がたたまれていた。
そして、散らかっていたはずのティッシュなど、また周りが少しきれいになっていたことに気付く。

彼はその後も、彼女と良好な関係を築き、後その彼女と付き合うことになった。

つまり、抱いた後の彼女の彼に対する配慮が彼の心を恋に動かしたのでしょうね^^
良い話と思い今でも覚えています。

冒頭でも書きましたが、海外ではこれが普通でもあるようです。(私の海外の友達談です)

「I love you」という言葉はカラダの関係を持ってからでもいい。
そういう関係のほうが相手のことを良く知れる。

とのことでした。
当時聞いた頃は、これが本当の大人の関係だなと思いました。
恋のキッカケになるかどうかは自分次第ということですね^^


パートナーとイチャイチャしてますか? 最近ご無沙汰という人におすすめ^^ 男性は匂いに敏感です。 お風呂上がりフェロモンの香りで、もっと急接近したいならこれ!

プロフィール