好きな人(彼氏、旦那、パートナー)と気持ちよく寝るためのベッドタイムエンターテイメント

menu

ベッドタイムを楽しむ秘訣

彼がベッドインしたくない時のサインと上手い対処法

今日は気分的にムリ…

体調が優れない時や、なんとなくしたくない時って男女問わずありますよね。

相手が乗り気ではない時。
でもそのサインがわからず、渋々してしまう。
そんな経験ありませんか?

もしかしたら彼も同じ経験をしてるかも。

彼にもっと魅力的に映るなら、相手のサインを汲み取ってあげると、よりアツい夜を過ごせるかもしれません。

男性が「今日はちょっとキツい…」と思ってるときの「NOサイン」とその時のうまい対処法をまとめてみました♪

 

体調不良アピール

「明日早いから…」
「今日は特にしんどかった」

このように体調不良をアピールしてくる場合は、「今日はごめんね」の定番サイン。

「NOサイン」をやんわり伝えている可能性大です。
そんな時の対処は、ベッドタイムのことは考えず、相手がリラックスできることを考えてあげましょう。

マッサージなど良いと思います。

あとは素直に「そっかぁ今日はやめとく?」と聞いてみて、おでこに軽くキスしてあげるぐらいに留めておくと可愛いですね^^

ここでは、相手の身体と心を休ませることを先決に考えて行動すると、相手にもそれが伝わり、元気を取り戻す可能性もあります。

 

「今日は体力が残ってない」と素直に言ってくる

素直にあなたに伝えてきたら、あなたならどうしますか?
1番良い受け止め方は「そういう時もあるよね」と相手の気持ちに同調することです。
「無理しないでね」とおやすみのキスをして、彼の時間を作ってあげるのも良いと思います。
あとはここでもマッサージしてあげるのも、彼を癒す方法の1つですね。

 

言葉は出さず態度で示す

ベッドインしても背を向けて寝たり、ソファで寝ちゃったりなど。
ちょっと冷たい態度に見えますが、ハッキリと口に出して断りたくないとも考えてるかもしれません。

そんな時は一歩引いて温かく見守るのが良いと思います。
よくありがちなのが、「なんで今日は冷たいの?」と不安な声をそのまま出してしまうこと。
その状況では、どんな理由であれ、相手は答えてくれないでしょう。

答えたとしても、相手に負担がかかるような言葉がでてくると思います。

「そんなことないよ」←無理してる
「疲れてるから…」←ごめんなさいの意
「何が?」←怒り

声をかけるなら「いつもお疲れさま」と相手をねぎらう言葉をかけてあげましょう。

 

まとめ

ベッドタイムを楽しみたくても、相手あっての大切な時間。
相手を思いやる行為は必ず相手に伝わります。

次の楽しいベッドタイムに備えて、彼を温かく見守ってあげましょう^^


パートナーとイチャイチャしてますか? 最近ご無沙汰という人におすすめ^^ 男性は匂いに敏感です。 お風呂上がりフェロモンの香りで、もっと急接近したいならこれ!

プロフィール