好きな人(彼氏、旦那、パートナー)と気持ちよく寝るためのベッドタイムエンターテイメント

menu

ベッドタイムを楽しむ秘訣

疲れの取れる寝方とは?〜良質な睡眠の取り方

彼と気持ちよく寝れてますか?
また1人の時も、朝は気持ちよく起きれてますか?
寝ても疲れがとれない…それは寝る前のちょっとした心がけで、改善されるかもしれません。

 

【寝初め10分がキモ!】

好きな彼と一緒のときは、ピロートークなどしていつの間にか寝てしまう。
そしてそれが10分ほどの時間で寝れたら、気持ちよく起きれる確率が上がります。
それは1人で寝るときも同じです。

 

なぜ寝初め10分が大事なのか?

それは、人が10分間で気持ちよく寝つくことができた場合、ぐっすりと深い睡眠をとることができるからです。

 

どうやって10分で気持ちよく寝れるの?

枕を交わした後なら、疲れてそのまま寝ると思いますが、疲れて何もない日があると思います。
(お互い仕事でばたーんきゅーのような状態)
または1人の時に簡単にできる気持ちよく寝るための準備があります。

 

① 38度くらいの「ぬるめの湯船」に入る

就寝1時間前に38℃くらいのお風呂に入るのが快眠の秘訣です。
お風呂が熱すぎると交感神経が活発になり過ぎて、逆に目が覚めてしまいます。

ちょうど良い温度は、額に汗をかく程度。
細胞が活発化し疲労も回復します。
彼と一緒に入る時も、この温度に調節しておくと良いかも!

 

② 1分ぷるぷるストレッチ

両手・両足をまっすぐ天井に伸ばしてください。
その足をぶるぶるさせて1分間
(足がひきしまって細くなる効果もあります)

 

【寝る姿勢も大事!】

寝得る時に大事なのは「体圧の分散」です。
なぜ体圧の分散が良いのか?
それは体圧が分散することにより、血流が良くなりリラックスした状態で寝れるからです。
ちなみに「寝返りをする」のは、血流が悪くなってきた時に身体が自動的に向きを変えて良くするためです。
この体圧の分散が1番良いとされている姿勢が「仰向け」で寝ることです。
仰向けは体圧をカラダ全体で分散できるので、圧迫も少ないからです。

ただ仰向けは寝づらいという人もいます。
彼に抱きついて寝たい人もいるでしょう。
その時は横向きもアリです。

要は、なるべく寝返りが少ないリラックスした寝方がベスト!
なので、お互い楽に寝る為の姿勢を見つけることが大切です。
彼と寝るときはとくに1人ではないので、自分の寝姿勢を聞いてみると良いと思います。
できれば、朝も2人で気持ちよく起きたいですしね^^


パートナーとイチャイチャしてますか? 最近ご無沙汰という人におすすめ^^ 男性は匂いに敏感です。 お風呂上がりフェロモンの香りで、もっと急接近したいならこれ!

プロフィール