好きな人(彼氏、旦那、パートナー)と気持ちよく寝るためのベッドタイムエンターテイメント

menu

ベッドタイムを楽しむ秘訣

好きな彼とお風呂に入るメリットまとめ

彼氏、旦那さんなど、パートナーと一緒にお風呂に入りますか?
私は好きなのですが、なかなか入りづらかったり、女性の場合だと恥ずかしかったり、1人でゆっくり入りたいという人も多いと思います。

けど実は、好きな人と一緒にお風呂に入ることによって、多くのメリットがあります。
ここでは「パートナーと一緒にお風呂に入るのメリット」をまとめてみました。

 

〜恋人と一緒にお風呂に入るメリット〜

 

【仲良くなるコミュニケーションの1つ】

例えば、友達と温泉に行きお互い「裸の付き合い」をした相手だと、より親密度がわきませんか?
恋人・夫婦の仲でも同じことが言えます。

お風呂じゃないとできないコミュニケーション、会話、心の繫がりがあると思います。
忙しい現代社会だからこそ、パートナーとのお風呂での「裸の付き合い」は、会話を作る大切な時間にもなります。
お互いの“素“の状態は普段思っている本音もリラックスでしゃべれるとお思います。

 

【マンネリ防止策】

パートナーとのお風呂は、ベッドタイム以外でできる、裸と裸のスキンシップ。
お互いの距離も一気に縮まり、気持ちも高まる瞬間でもあります。
普段のベッドタイムがマンネリ気味になったら、思い切ってお風呂に入るとマンネリ感がまぎれるかもしれません。

 

【光熱費削減】

1人分はうきますね(笑)

 

【やっぱり2人は楽しい!】

湯船でイチャイチャするのが好きなカップルは多いようです。

「一人で入るより、彼とイチャイチャしながら入る方が楽しい!」
参照引用 セキララ★ゼクシィ

 

【相手の体の異常に気付きやすい】

普段自分で見れないところ、身体の変化を気づいてくれるかもしれません。
女性にとって「それが恥ずかしい」ところだと思いますが、ここを受け入れることができると、太ってないかなど、お互いのスタイルをチェックすることもできますし、ルックスを超えた彼への想いも感じるかもしれません。

 

「一緒は恥ずかしい」と思う人の対応策

ルックスを超えた彼への想いと言っても、毎日は難しいです。
(書いておいてなんですが…)

脇毛処理もあるでしょうし、お風呂でのスキンケア・マッサージなどをゆっくり楽しみたい人もいると思います。
恥ずかしさもあるでしょうし、なかなかうまくいかないもの。
そんな人の対応策をまとめてみました。

お風呂が恥ずかしい人の対策

・ バスルームの明かりを消す
・ 入浴剤で湯船の中が見えないようにする
・滞在時間をズラす

仄かにバスライトで明るい状態なら、恥ずかしさも軽減すると思います。
入浴剤も恥ずかしさ軽減に使えますね。

また男性が先に出て、後から女性がでたりなど、お風呂の滞在時間をずらすことで、スキンケアなどデリケートゾーンの処理をできる時間を作れます。
年を重ねるほど、男性もそのことはわかっているので、「先入るね〜、先出てて」で伝わると思います、たぶん。

 

まとめ

一緒に入るのが苦手な人でも、たまには良いと思いますよ^^
心も体もスキンシップが図れて、良いコミュニケーションもできますし、何より楽しいですしね♪
入れなくなる時もあると思います。
一緒に入れるチャンスがあれば入っちゃいましょう。


パートナーとイチャイチャしてますか? 最近ご無沙汰という人におすすめ^^ 男性は匂いに敏感です。 お風呂上がりフェロモンの香りで、もっと急接近したいならこれ!

プロフィール