好きな人(彼氏、旦那、パートナー)と気持ちよく寝るためのベッドタイムエンターテイメント

menu

ベッドタイムを楽しむ秘訣

一緒に寝ても手を出さない男性の心理〜後半〜

「一緒に寝ても手を出さない男の心理」前半では以下の3つについてまとめました。

①仲の良い友達や妹のように思っている場合
②「癒し」だけを求めている場合
③ 自分に自信がない場合

今回は残りの3つの心理をまとめていきたいとおもいます。

 

ベッドで手を出してこない理由6つ

 

④体力が残っていない場合

仕事で疲れている状況によく見られる男性心理です。
睡眠を優先している状態と言えます。

男性のアソコはとてもデリケードであり、精神面や身体面に大きな影響を与えています。
元気な時は良いのですが、なにか重く悩んでいたり、会社で残業などが続く疲れがあると、本能的に睡眠を優先してしまう傾向にあるようです。

そんな時は「②「癒し」だけを求めている場合」の心が働いているかも知れません。
女性としてはプライドが傷つけられる事態ですが、このような場合は多めにみてあげましょう。
あなたのその包み込む優しさが相手の気持ちをグンとあげ、抱きたくなる可能性も高まるかもしれません^^

 

⑤相手とは別に、恋人や奥さんがいる場合

浮気や不倫の恋愛はお互いの気持ちが盛り上がります。
これは心理学でいう「カリギュラ効果」という言葉に置き換えられます。
ダメと言われるとやりたくなる心理ですね。

「不倫は文化」という言葉を芸能人の石田純一さんが広めましたが、私の解釈では「誰でも起こりえる状況」としています。
つまり、いくら2人が承知の上での禁断の愛だとしても、
“自制心が働き、手を出さない場合がありえる”ということです。

あるいは、相手の女性に恋人や夫がいることを知っている場合ですね。
誘ったまではいいけど、一線は超えないようにしようとためらう気持ちからきてる場合があります。

 

⑥相手を大切に想っている場合

肉体関係を持つことは女性を傷つけることだと思い込む男性によくある心理です。

草食男子など、奥手な男子が増えているイメージの昨今では、そういった考えの男性が増えているのかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?
女性にとってベッドの上では男性にリードされたいもの。
ですが、「手を出さない」ことで悩み続けるのなら行動していくことも大事かもしれません。

もしあなたが、抱かれたいと思うなら「隙」をみせるのも1つの手!
男は「女の隙」に弱いので、あえてスキを魅せるのが効果的のようです。
例えばベッドの上での「上目遣い」など。

コミュニケーションも大事です。
お互いの気持ちを誤解のないように表現し合う心遣い、合意を確認し合う誠実さなどを続けていけば、信頼関係が深まります。
相手を思いやる気持ちが大切ですね^^

前の記事はこちら⇒「一緒に寝ても手を出さない男の6つの心理」前半


パートナーとイチャイチャしてますか? 最近ご無沙汰という人におすすめ^^ 男性は匂いに敏感です。 お風呂上がりフェロモンの香りで、もっと急接近したいならこれ!

プロフィール