好きな人(彼氏、旦那、パートナー)と気持ちよく寝るためのベッドタイムエンターテイメント

menu

ベッドタイムを楽しむ秘訣

キスが好きな男性はあなたとの相性を確かめている

いわゆる「キス魔」といわれる人たち。
男性よりも女性が多いような気がしますが、どうしてキスをするのが好きなのでしょうか?
もちろん、好きな相手にはキスをしたくなりますし、好きであればあるほど何度も相手にキスしたくなるものです。

今回は「キスと遺伝子」について書きたいと思います。

 

キスによって相手の遺伝子を探る?

私たちはキスによって、相手との相性を判断しているそうです。
男性の中には、濃厚なキスをこれでもか!というほどに求めてくる人がいると思います。

女性よりも男性のほうが、その傾向は強く、これは本能的なものと言えるそうです。

 

なぜ男性のほうが深いキスを求める傾向が強いの?

深いキスをするときには、少なからず唾液交換が行われています。
その過程で、相手の健康状態や免疫情報が本能的にわかるそうです。

女性は「匂い」で相手との相性を遺伝子レベルで判断できるほど、嗅覚に長けています。
男性のフェロモンを感じたことはありませんか?
それはあなたが、好みの男性を嗅覚で自分の相性に合っているか判断するために感じているものです。

そのように女性は嗅覚に優れているのですが、男性はそこまでではありません。
ですので、男性は深いキスで判断する傾向にあります。

『ホンマでっか!? TV』でも出演される脳科学者、中野信子先生もこの話題に触れていますね。
参考記事 なぜする? 知られざるキスの科学

 

女性はどう違うの?

一方、女性にとってのキスは「嗅覚」で相手を見極めている傾向にあるようです。
キスは相手と密着している距離なので、相手の匂いを1番感じる瞬間でもあります。

(この人は付き合い長いかなぁ)
(ふさわしい男なの?)
本能的に相手を判断しているところは男と同じです。

 

男女のキスの心理の違い

男性はキスをするとき、「テストステロン」という男性ホルモンを女性に与えています。
テストステロンには、女性を興奮させる作用があり、生殖行動に至る率を上げる効果があります。
「とろけるようなキス」を感じる時は、男性のテストステロンが強いのかもしれません。

これに対して、女性のキスは、精神的な愛を受け入れることを求める傾向があります。
精神的にみたされればそれは「キスの相性が良い=相手との相性が良い」。
受け身でありつつ、男性を判断するのが女性のキスの特徴です。

 

まとめ

私は単純なので、「キスをたくさんするのが良いみたい」という結論に至りました(笑)
相手のことをもっと知る手段でもあるし、判断することもできる。
そうすれば、キスも上手くなるのかな?と個人の意見をとりいれてまとめました^^


パートナーとイチャイチャしてますか? 最近ご無沙汰という人におすすめ^^ 男性は匂いに敏感です。 お風呂上がりフェロモンの香りで、もっと急接近したいならこれ!

プロフィール